冬の寒さに負けない家

R+house上越

断熱と気密と遮熱

【原稿】専門家に聞きました201601/冬の寒さに負けない家 片建設DSC03879 【原稿】専門家に聞きました201601/冬の寒さに負けない家 片建設DSC03913 【原稿】専門家に聞きました201601/冬の寒さに負けない家 片建設DSC03863

「冬に負けない家づくりをする」ためのポイントは3つ。
①「断熱」、②「気密」、③「遮熱」です。

①まず、建物全体の「断熱性」をよくすることで家の中の暖かさを逃げにくくします。

②家の隙間を少なくする(「気密」をよくする)ことで、隙間から家の中に冷気を入りにくくします。 その際に実際に「隙間」があるかどうかは、現場での施工によっても左右しますので、1棟1棟気密測定の実測を行うことをおすすめします。一般にに1平方メートルあたりの隙間が2~5平方センチメートル以下であると「高気密住宅」と呼ばれます。

③さらに、建物全体を「遮熱」することで、さらに室内の暖かさを保つことができます。 遮熱というと夏の日差しを遮って、冬は寒くなってしまいそうなイメージがありますが、 冬は魔法瓶ように熱が外へ逃げるのを防ぎ、壁や天井を暖かく保ってくれる効果があります。さまざまな部材や工法がありますが、この「断熱」、「気密」、「遮熱」がどうなのかをおさえておくことで、冬の脱衣所やトイレでも温度差を少ない快適な家にすることができます。

≫R+house上越のページを見る


 

永井銘木店

「温かい」だけじゃない これからの家づくり

窓や断熱材・暖房機器の性能が良くなってきている昨今は、「暖かい家」を造ることは割と容易になりました。しかし、暖かいだけでいいですか?

例えば、冬の暮らしで困ることって何でしょうか? 結露はしませんか?洗濯物は乾きますか?お部屋だけでなくトイレや脱衣も暖かいですか?お布団は湿気ませんか?そうした日常の困りごとをキチンと解決できる家がいいですよね。 暖かい家=「暮らしやすい家」とは限りません。結論から言えば、すべて解決できます!

ただし、その様な家づくりをしなければいけません。ポイントは、やはり構造です。どんな断熱材や窓を使用するのか、換気は十分確保できているのかなどです。 弊社では、四季を通して心地よく暮らしていただくために、外張り断熱、樹脂サッシなどをご提案し続けてきました。ここで全部は書ききれません。ご興味のある方は是非ご質問ください。

2月にはこうしたお悩みを全部解決できる家の完成見学会を開催予定です!

≫永井銘木店のページを見る


 

ユアーズホーム

断熱性能と気密性は両軸

冬の寒さに負けない家/ユアーズホーム/気密測定edit 冬の寒さに負けない家/ユアーズホーム/内観写真edit

寒い冬を快適に過ごすために暖房をします。その暖房効果を高めるために思い浮かぶのは断熱性能を高めること。では高性能の断熱材をただ使えばいいかというと、それだけではダメなんです。併せて隙間を無くす(気密を高める)必要があります。例えば、どれだけ高級な羽毛布団を掛けても、隙間があれば暖かくならないですよね?できるだけ高性能な断熱材で隙間なく造れるかがポイントです。

また家中の温度差をつくらない事も冬に快適に過ごすポイント。建物の断熱気密性が高くなると、少ない熱源で家中全体を暖めることが可能です(間取りにもよりますが、エアコン1台で家中暖めることも可能です)。室内の温度差により発症する心疾患や脳疾患(ヒートショック)を防ぐことにも繋がります。また暖房で注意してほしいのは石油ファンヒーターのような室内燃焼型の暖房器具。断熱気密性の高い住宅では、結露を引き起こしたり、室内の空気汚染に繋がります。高気密高断熱住宅では、湿気を出さない暖房器具をお奨めします。

1.「断熱」と「気密」を高め、2.家の中でできるだけ「温度差」をつくらず、3.「室内で燃焼しない暖房器具」の採用することで、ぜひ「冬の寒さに負けない家」で快適な暮らしを!

≫ユアーズホームのページを見る


 

アンドクリエイト

断熱マイスターにお任せ!

【原稿】専門家に聞きました201601/冬の寒さに負けない家/アンドクリエイトアンドクリエイト0329 154 【原稿】専門家に聞きました201601/冬の寒さに負けない家/アンドクリエイトアンドクリエイトDSC_0 019 【原稿】専門家に聞きました201601/冬の寒さに負けない家/アンドクリエイトアンドクリエイトIMG_9790

新潟の冬の寒さに負けない、暖かいお家を造るために、アンドクリエイトでは断熱性能と気密性を重視しています。この二つは、暖房計画上でも経済的に、快適に住んでいただくためにも重要となります。そこで、アンドクリエイトでは断熱性能の基準を次世代省エネルギー等級に合わせ、その地域レベルの最高等級をクリアするように設計します。

また、地域によっては該当レベル以上の断熱性能を設定して、「エアコン暖房だけで過ごせるお家」を実現させています。それができるのも、アンドクリエイトに在籍する『断熱マイスター』が正しい断熱材の施工と管理を現場で厳しくチェックしているからこそ。また、すき間風等を防止するために床下地材へのウレタン吹き付けやコンセント防気カバーの施工など、気密性の向上も徹底しています。住宅自体の性能を高めたら、次に暖房計画のご提案をさせていただきます。お好きな暖房設備から、より省エネに過ごせる暖房のご提案や比較等で一年中快適に過ごせてお財布にも優しいお家を目指します。

他にも、無垢床の保温性を活かす等の素材選びでも暖かさを感じられる要素を色々な視点からアドバイスさせていただいております。また暖炉やペレットストーブなど住宅デザインと暖房計画を組み合わせての考えも得意分野となります。

≫アンドクリエイトのページを見る


 

アークエイト

工夫次第でお手軽寒さ対策

①ガラスからの冷気対策

本格的な冬がやってきました((´д`)) ブルブル…。 アークエイトのすあしかです! 新潟の冬を快適に過ごすためには、どのような住まい・住まい方をしたらよいのでしょうか?断熱をキーワードに、その方法を3つお伝えいたします。

その1【ガラスからの冷気対策】
築年数が古い建物に住んでいる方で、隙間風が吹くように感じることはありませんか。そんなお部屋にお住まい方には、冷気を簡易的にシャットアウトするアイテムとして「カーテン」をおススメします。外の冷気は窓ガラスを通じて、カーテンの下から室内に侵入します。冷気の侵入を防ぐため、カーテンの裾が床に届くものを選ぶと効果的です。

②-2断熱性能を高める

その2【断熱性能を高める】
暖かく快適なお部屋にするためにはファンヒーターやエアコンなどで温めた空気を逃がさないことが大切です。ここで重要になるのがお家の断熱性能です。最近では「高断熱・高気密」という言葉がよく登場しますが、具体的な仕様をご存知ですか? 新築・リフォームを検討中のお客様が判断するにはどうすればよいのでしょうか? まずは、設計・施工業者に、最低限の断熱性能として「省エネルギー対策 等級4」を満たしていることを確認しましょう。リフォームをお考えの方は、建物の断熱性能のポイントを窓、床、天井・外壁と分けて図解しましたので画像をご覧ください。床材にパインなどの柔らかい無垢材を用いるのもオススメです。床の断熱性能を高めるとともに、肌で感じる無垢のぬくもりは「思わず寝そべりたくなる魅力」があります。ぜひ、モデルハウスにてご体感ください(^^)

③風除室を設ける

その3【風除室を設ける】
冷たい風や雪などが直接玄関から室内に入り込むのを防ぐことや、冷気を緩和し暖房効果を高めるために、玄関と風除室との二重構造することをおススメします。後付でも風除室は設けられます!

ニーズとご予算に合わせて対策案を提供させていただきます!予算に合わせて部分的なリフォームも可能です!お気軽にご相談下さい(^O^)
寒さ対策・断熱のことならアークエイトへ!

≫アークエイトのページを見る


 

大和ホーム 新潟支店

快適空間を「守る家」

家づくりの断熱材にセルローズファイバーという選択肢を加えてみませんか?自然素材のセルローズファイバーは夏暑く冬寒い環境に最適です。大和ホームのすべての住宅ではセルローズファイバーを標準装備!新潟の冬は寒く、朝晩の寒暖の差も激しい、また、夏は暑く湿度も高くてジメジメするという、住むにはとても厳しい環境です。大和ホームのコンセプト『守る家』は外部の暑さ・寒さから室内の快適空間を『守る家』をつくること。加えて「湿度に強く、防音効果のある家」であれば完璧です。 その完璧な家づくりに最適な断熱材「セルローズファイバー」は、欧米では歴史と実績が認められながらも、日本ではまだ認知度の低い断熱材です。大変優れた効果のあるセルローズファイバーを新築住宅に標準仕様として、「冬暖かく、夏涼しい家」をご提供します。また、熱の出入りが一番多い「窓」も断熱性能を高めてあげることでより良い快適空間を実現できます。最適な断熱材・窓などをご提案させていただき、夢のマイホームづくりお手伝いいたします。
まずは大和ホームのパンフレットをご覧ください!
【原稿】専門家に聞きました201601/冬の寒さに負けない家/大和ホーム/家づくり

≫大和ホーム 新潟支店のページを見る