Report23:家族6人で暮らす二世帯住宅なマイホーム

マイホームを購入した
子育て家庭の方に家づくりについての本音を聞いてみました。

今回は長岡市でステキなお家を建てられたM様にお話を伺いました!

M様は二世帯住宅!二世帯ならではのお話もお聞きできましたよ!

(2020年6月20日取材)

M様プロフィール

地域 長岡市
家族構成 曽祖母(80代)祖父(50代)祖母(50代)パパ(30代)、ママ(30代)、お子さん一人(1歳)
(2020年6月現在)

 

Q1. マイホームを建てようと思ったきっかけは?

夫の実家が築50年近く経っており、そろそろ建て直したいねという話をしていて、私たちの結婚をきっかけに二世帯住宅として建て直すことになりました。

どの会社で建てるかは祖父母が決めたのですが、展示場を何軒か見て、半年くらい検討していましたね。祖父が塗装関係の仕事をしているので、周りの口コミを参考にしていました。性能と価格が決め手だったようです。

Q2.家づくりのプロセスについてもっとこうすればよかったと思うことはありますか?

祖父母がメインでいろいろ動いてくれたのですが、もう少し私たちもいろいろなところを見学すればよかったと思いました。内装を考えるときに、雑誌やネットの情報を参考にしましたが、実際にいろいろな家を見た方がイメージが膨らんでよかったかなと思っています。

Q3.家づくりの際、意見が割れたことはありますか?

外装や扉の色などは二世帯住宅なので、統一しようということになり、祖父母と意見が割れたりもしましたが、最終的には私たちが決めさせてもらいました。 内装を決める時は、旦那も私もお互いに好みの色があるので、旦那が1階、私が2階の廊下の色を決めました。あと窓の大きさでも意見が割れましたが、そこは私の意見を通してもらいました。

Q4.お子様のために取り入れられたことはありますか?

子供部屋の収納だけだと収まらなかったので、子供のおもちゃをしまえるように1階のリビングにあるテレビ台用の棚を子供のおもちゃ収納にしました。

トキママ

ごちゃごちゃしてしまうおもちゃをきれいに整理されてますね!これなら急な来客でもバッチリです!

Q5.新潟ならではのこだわりはありますか?

山沿いに住んでいるので、冬場の屋根の雪を捨てる場所を考えながら、建てる位置を決めました。
あと暖房設備をこだわりました。例えば高気密高断熱の家だとストーブが使えなかったので、エアコンを寒冷地仕様のちょっといいものにしたり、床暖房だと部屋が乾燥するので、加湿器もちょっといいものを購入しました。

Q6.家の中でお気に入りの場所を教えてください。

お気に入りはリビングの窓です。光がたくさん入るように、大きめの窓にしました。

Q7.二世帯住宅で困ったことはありますか?

困ったことではありませんが、二世帯だと電気代は別請求にできますが、水道代は請求が一緒になってしまうので、住み始めてから話し合って、平均料金を出し合うことで解決しました。

Q8.実際に住んでみてよかったところ、もっとこうすればよったところはありますか?

収納やテレビ台、お風呂場に収納できる可動棚を作ってもらったので、家具を買う必要がなくて、ありがたいです。
玄関のシュークロークを半分が床、半分が玄関の素材になっているので、ベビーカーを置いたり、靴のままでも、靴を脱いでも使いやすいところが便利です。

後悔したことは、コンセントの位置ですね。
扉の裏にあるコンセントを使うと、扉が完全に開けなくて、すごく不便です。あとキッチンのコンセントも、炊飯器用に棚の下のコンセントを利用しないといけないので、小さい子供もおり、危なくて使いづらいです。住んでみないと気が付かなかったり、住宅会社の人が教えてくれないとわからないことなので、残念です。

M様こだわりのお宅のお写真を公開!

 

アンケートのご協力ありがとうございました。 素敵なマイホームで楽しい子育てを楽しんでください!

 


県内ビルダーのイベント・見学会に参加する

「専門家に聞きました」バックナンバーはこちら

新潟ママのホンネ バックナンバー