Report24:見附市で性能とデザインにこだわったマイホーム

マイホームを購入した
子育て家庭の方に家づくりについての本音を聞いてみました。

今回は見附市でステキなお家を建てられたY様ママにお話を伺いました!収納に関してトキっ子取材班もとても勉強になりましたよー!
(2020年6月20日取材)

Y様プロフィール

地域 見附市
家族構成 ママ(30代)、パパ(30代)、お子様(男の子6歳、女の子1歳)
(2020年6月現在)

Q1. マイホームを建てようと思ったきっかけは?

集合住宅で子育てをしていた際、同じ建物に住んでいた方から「子どもの声がうるさい」と苦情をいただいてしまい、少しの物音でも子どもを注意するようになってしまいました。これでは子どもを健やかに育てられない。私自身も楽しく子育てできないと思い、怒らずのびのび子育てができる環境にしたいと思ったからです。

Q2.情報収集はどのようにされましたか?

展示場に行って10社くらい見学してまわり、その内3、4社でお話を聞きました。雑誌を買ったり、ネットでも調べましたが展示場がメインでした。

Q3.住宅会社の決め手は何でしたか?

100%自由設計なのが魅力でした。また私たちの利き手や生活リズムなど、とにかく細かいアンケートがあり希望など話をよく聞いてくれ、一緒になって考えてくれたところが決め手でした。

Q4.お子様のために工夫したことはありますか?

子どもの勉強のためにリビングに作り付けの机を設置しました。
また玄関付近には子ども用の棚を設置して、翌日の準備を自分でできるようにしました。上の子はランドセルと絵本袋を置き、下の子は保育園の道具を置いています。ハンガーパイプもあるのでそこに上着も掛けられます。

トキママ

リビング学習用の机の上とってもスッキリ片付いていますね!でも机の上っておもちゃで山積みになりませんか?( ; ; )

おもちゃは二階に収納、一階に持って行くおもちゃは「その時に使うものだけ」と子どもたちとルールをきめました。なので整理整頓できています。リビングの机は私がリモートワークするときも使っています。

Q5.新潟ならではのこだわりはありますか?

洗濯は室内干しが基本で、脱衣場の隣に物干しスペースを作りました。湿気対策に、サッシは樹脂サッシにすることで結露が少なくなり、断熱性も高くなりました。またガラスもペアガラスなので、さらに熱の出入りがしにくくなっています。

トキママ

干す→たたむ→しまうが一部屋で完結することろが魅力ですね♪

Q6.家の中でお気に入りの場所を教えてください。

ダイニングです。リビング、お風呂、和室とつながっていて家族の様子がすぐにわかります。対面キッチンなので、料理をしながら子どもたちが何をやっているのか一目でわかるので助かります!

Q7. 住んでみて『こうして正解だった!』または『こうした方が良かった。。』事はありますか?

収納を少なくして引き出しではなく、見える棚を多くしたので、物が増え過ぎず整理整頓できています。物が増えると探し物をする時間がもったいないので、意識して物を減らしています。

トキママ

本当にスッキリしていますね!我が家は物が溢れて、いつも探し物をしている気がします。。Y様ママ!尊敬します!!!

大満足の我が家ですが強いて言うなら、庭に植えた木の位置が少しお隣に寄っていて、葉っぱや虫がお隣の敷地内に落ちてしまいました。もったいないですが木は伐採しました。

トキママ

木がどれくらい大きくなって、どれくらい広がるのか、落葉樹なのか等々、樹木も配置計画が大切なんですね!勉強になりました!!

Y様こだわりのお宅のお写真を公開!

アンケートのご協力ありがとうございました。 素敵なマイホームで子育てを楽しんでください!