【後編】家’Sハセガワモデルハウス「憩(いこい)」に行って来ました!

今回取材した住宅会社さんは
妙高市に本社のある「住むことによろこびを感じる家」を提案してくれる
家’Sハセガワさん

  • 施工可能エリア
  • 上越
  • 中越
  • 下越

今回のトキっ子調査隊はトキっ子スタッフが家’Sハセガワさんのモデルハウスにお邪魔して、家づくりのこだわりや最新の住宅事情についてお聞きしてきました!前回の前編では家族の夢を叶える「間取り」をクローズアップしたので、今回の後編では断熱材などお家の性能についてレポートします♪


24時間換気で湿気対策

モデルハウスを見て回っていて、気になったのが、部屋を区切る壁に空いた穴。これは空気を流すための通気口で、ドアを閉めても給気口で24時間換気で空気を循環しています。

まるで魔法瓶?暖かさを逃さない断熱の秘密

家’Sハセガワさんでは全ての住宅に「グラスウール」という断熱材を採用しているそうです。これは繊維状のガラスでできた断熱材なのですが、これを壁だけではなく、床下にも入れており、まるで魔法瓶のように家全体を覆うことで、熱を逃さないそうです!

各部屋に設置された通気口と、吹き抜けで全館に暖かい空気を循環するので、冬場はエアコン一台かストーブ一台で十分なんだそう!

雪国暮らし憧れの薪ストーブ!知らなかったのですが、ふく射熱(薪ストーブの炎がストーブ本体を暖め、そこから発せられる遠赤外線(輻射)によって暖める方法)で部屋を温めるので、エアコンより乾燥の心配がないそうです!冬場の乾燥は本当に悩ましいので、薪ストーブますます憧れちゃいます!

耐震に自信あり!木造制震ダンパー

地震の揺れを軽減するために、家’Sハセガワさんでは「木造制震ダンパー住守」という仕組みを構造に採用しているそうです。
「制震ダンパー」とは建物の地震の被害を抑えるために、壁や柱などの接合部に設置する装置で、
金属の金具の中に特殊なゴムが入っており、伸び縮みすることで揺れを吸収する仕組みだそうです!

トキママ

耐震などの災害対策はちゃんと理解していないと、万が一の時に家族を危険に晒してしまうかもしれないですね(;_;)最近は災害も多いので、災害に強いということは大事なポイントです!

トキママ

今回は家'Sハセガワさんのモデルハウスの性能をいろいろお聞きしました!もっと知りたいという方は実際にモデルハウスに行って、体感してみてください(^o^)

担当者より一言

家’Sハセガワ株式会社
関美波

日々勉強しながらお客様に寄り添えるような
家づくりのお手伝いをさせて頂いております。
ぜひ、家‘Sハセガワでいっしょういっしょの
家づくりをしてみませんか?


会社概要

会社名 家’Sハセガワ株式会社
所在地 〒944-0095 妙高市十日市473
問合せ先電話番号 0255-72-2734
営業時間/定休日 定休日:火、水
施工可能エリア
  • 上越
  • 中越
  • 下越

 


県内ビルダーのイベント・見学会に参加する

「専門家に聞きました」バックナンバーはこちら

県内子育て家庭に聞いた「家づくりアンケート」結果