家づくりのプロに聞いた「こだわりの外観事例とポイント」を紹介します

「専門家に聞きました」では、
家づくりのプロの皆さんに、マイホームを建てる際のポイントをお聞きしていきます!
今回のテーマはこだわりの外観事例と外観のポイント!
外観にこだわりがある施工事例とこだわりのポイントについてお聞きしました!


case01.優しい光の差し込むリビング演出

こだわりの外観事例

リビング勾配天井吹き抜けにトップライトを設け家全体が優しい光の差し込む空間を演出しました。

外観も大屋根を設けることにより圧倒的な風合いの外観づくりとしました。

こだわりの外観事例
ビルダーイメージ画像

教えてくれたのは東亞家づくり工房さん

諦めていた住まいや「私らしい暮らし」を形に・・・


case02.外観選びのポイント

おうちを建てる時に決める事のひとつが外観です。長い時間を過ごす大切なおうちなので、ぜひ愛着の持てるものを選んでいただきたいです。今回はいくつかある外観選びのポイントをご紹介します。

こだわりの外観事例

外観はおうちの顔

こんなキッチンにしたい、広いクローゼットが欲しいなど内装のイメージはたくさん膨らみます。でも外観をイメージするのは難しいですよね。家の形により外観のイメージは大きく変わります。どのように決まり、どのような素材が理想の家に近いものになるのかプロの意見を参考にきちんと相談しながら進めましょう。

POINT①
外壁を決める時は自分の好みもそうですが、金額やメンテナンスも含めメリット・デメリットを理解して選びましょう。



POINT②
窓の数や形、配置で印象が変わります。見た目もそうですが光の入り方や風通しにも関わるのでここも注意したいですね。

この2つのポイント以外にも、家の大きさや間取りも関係してきます。アットホームラボではご家族の生活スタイルに合わせた間取り、そして外観にもこだわりご提案しております。ぜひお気軽にご相談ください。

こだわりの外観事例

AT HOME LABOロゴ

教えてくれたのはAT HOME LABO(アットホームラボ)上越・柏崎さん

手の届く高性能デザイン住宅

 

case03.60代になっても飽きない(似合う)家づくり

株式会社小野組ライフビルダーグループ_こだわりの外観事例

株式会社小野組ライフビルダーグループ_こだわりの外観事例

施工例のお客様は、30代で家づくりをご検討された方です。
「今は30代ですが、60代になってからも不自由な暮らしはしたくない。年齢を重ねても飽きたり恥ずかしくならないデザインにしたい。」などのご要望をいただきました。

最近では「軒ゼロ住宅」が増えていますが、ロクワの家では、軒の出た住宅を推奨しています。 軒の出た住宅にはとても大切な機能があり、いくつか機能のご紹介をいたします。

軒の出た住宅の機能

  • ①雨漏りのリスクを軽減できる
  • ②夏の日差しを調整できる
  • ③日陰を作り、涼しい風を取り込む
  • ④外壁を雨風から守る
  • ⑤軒天に通気口を設計することができる
  • ⑥将来発生するメンスナンス費用を抑える

などが挙げられます。

その他に、軒下に植物を置いて趣味を楽しんだり、洗濯物を干すことも可能です。突然の雨でも、軒下だと、安心ですね!
高温多湿の日本の気候だからこそ、理にかなったものといえるのではないのでしょうか。

尚、外壁30年保証に対応の外壁も扱っておりますので、より長く快適に過ごしたい方は、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

ロクワの家

教えてくれたのはロクワの家 / 株式会社 小野組 ライフビルダーGさん

“ コト ”をかなえる家づくり


 

『編集後記』

こんなデザインにしたいというイメージはなんとなく持っていても、機能面やメンテナンスについてはなかなかイメージしづらいですよね!
次回「新潟ママのホンネ」記事では(7月31日更新予定)先輩マイホームママたちの外観を決める上で重視したポイントや経験談などについてアンケートを取った内容をまとめているので、ぜひ見てくださいね!

(2020年7月21日公開)

 


県内ビルダーのイベント・見学会に参加する

「専門家に聞きました」バックナンバーはこちら

県内子育て家庭に聞いた「家づくりアンケート」結果

建てましたママ、パパに聞いた「家づくりレポート」