家づくりのプロに聞いた「湿気対策・部屋干し対策」対策のポイントを紹介します

「専門家に聞きました」では、
家づくりのプロの皆さんに、マイホームを建てる際のポイントをお聞きしていきます!
今回のテーマは「湿気対策・部屋干し対策」対策のポイント!
皆さんは実際にどんな対策を行っているのかお聞きしました!


case01.調湿効果のあるおすすめの壁材

東亞家づくり工房ではご予算に応じて調湿効果が期待できるエッグペイント塗り壁の提案や同じく調湿効果の期待できるオガファーザー壁紙をご提案しております。

しかしながら昨今の家づくりは気密・断熱性能が格段に向上しており乾燥しやすい住宅になっており、加湿の意味合いもあり部屋干しについてはむしろ推奨しております。

こだわりリビングサンプル

エッグペイント塗り壁

こだわりリビングサンプル

オガファーザー壁紙

ビルダーイメージ画像

教えてくれたのは東亞家づくり工房さん

諦めていた住まいや「私らしい暮らし」を形に・・・


case02.24時間熱交換換気扇&エアコンで 梅雨時でも温度・湿度を一定に

株式会社アップデートでは、24時間熱交換換気扇標準採用しています。

天井裏に管を張り巡らし、各部屋に新鮮な空気を送り出しています。
洗面脱衣室と二階ホールに取り付けられた換気扇本体から排気します。
エアコンを併用していただくことで、湿度を抑えた空気を循環させることができます。

また、洗濯物干しスペースの床を人気のスリット床にしていただくと、よりスムーズに空気が回るので、部屋干ししても家の中がじめっとしにくいです。

こだわりリビングサンプル
こだわりリビングサンプル

それから、見落としがちなのが、風呂場の次に湿度の影響を受けやすい場所、玄関。
開閉の機会が多く、ぬれた傘や一日履いた靴も湿度を生み出します。梅雨時になると靴箱やタイルがしっとり濡れているという経験をされた方も多いはず。においやカビの心配がありますよね。

そういった悩みを減らすべく、本来は換気計画は居室だけでいいのですが、当社では玄関や廊下も換気計画に含めており、家じゅうどの場所も温度と湿度が一定に保たれるようにしています。

是非、実際の快適さをモデルハウスで体感してください。

株式会社アップデート

教えてくれたのは
株式会社アップデート【プラスホーム】【平屋ベース】さん

768万円〜高性能ローコスト住宅


case03.干し忘れを解消するおうちの間取りポイント

こだわりリビングサンプル

これからの時期、悩むのが洗濯物。家事も育児も頑張るママへ少しでもラクしていただけるポイントをお伝えします。

洗濯したら、すぐ干せる環境

忙しい毎日の中で、注意していてもつい干し忘れてしまう洗濯物。そんな経験ありませんか?洗濯槽を掃除したり、部屋干し専用洗剤を使用してもすぐに干さずに忘れているとシワの原因になったり、乾いた衣類から嫌な臭いがする事があります。部屋干しが多くなるこれからの時期は、特に注意したいですね。そんな干し忘れを解消するおうちの間取りポイントを紹介します。

こだわりリビングサンプル

POINT1
洗濯機から出してその場で干せる。重たい洗濯物を持って移動する時間と距離が節約できます。

POINT2
その場でアイロンして、畳むことができる。アイロンを使用するスペースが決まっていると、準備や作業もラクになります。

POINT3
キッチンから移動しやすい場所にランドリースペースがある。洗濯物の出来上がりに気づきやすく、移動時間も短縮できます。

3つポイントを工夫するだけで、ママの家事も少しラクになります。アットホームラボでは、他にもご家族の生活スタイルに合わせた間取りをご提案しております。梅雨の季節も快適な家で、おうち時間を楽しみましょう。

AT HOME LABOロゴ

教えてくれたのはAT HOME LABO(アットホームラボ)上越・柏崎さん

手の届く高性能デザイン住宅


case04.空気の流れで湿気をコントロールする間取りの工夫

季節によって変わる風の通り道。窓の位置や家の周りの緑の配置などで、涼しい風や乾いた風を家に取り込んで住宅の湿度をコントロールすることができます。 新築をご検討される方は、外回りの植栽計画もしてみるのもいいかもしれません。

株式会社小野組ライフビルダーグループ_湿気対策_シューズクローク

梅雨時期、ご家族が湿気にまとった服・靴・で帰宅することがあります。 シューズクロークの靴箱にはあえて扉は付けずに、可動棚のみ。 そして小窓を計画して、空気の流れを作り、湿気のコントロールをしてみてはいかがでしょうか。 爽やかな玄関でご家族をお出迎えしませか。

そして梅雨時期の悩みといえば「部屋干し」と答える方も多いのでは・・・。 部屋干しをする際は雑菌の繁殖を抑え、短時間で乾かすのがいいというのは、ほとんどの方が知っているかと思います。 室内干しも様々で、浴室乾燥機を使ったり、リビング干しをしたり、部屋干し専用の部屋に干したりと干し方は様々あります。

部屋干し専用の部屋をご計画中の方は、換気扇や窓を2面とって通風を確保したいですね。 通風窓を計画する際は開けっ放しでも良いように格子がついた窓にするのをお勧めします。

株式会社小野組ライフビルダーグループ_湿気対策_部屋干し専用の部屋
ロクワの家

教えてくれたのはロクワの家 / 株式会社 小野組 ライフビルダーGさん

“ コト ”をかなえる家づくり


case05.湿気対策には「仕切りの少ないオープンな間取り」がおすすめ!

高温多湿な新潟の夏、空気が停滞するとジメジメ・ジトジト心地よくありません。風が通るだけでさらりと気持ち良く、体感温度も下がります。湿気対策には、換気&通風が大切!おススメするのは、仕切りの少ないオープンな間取り。「風が流れやすく&人も動きやすい」住まいです。ドアをフルオープンにすることでも同じような効果がありますよ。

こだわりリビングサンプル

今は特に、ウイルス対策としても換気が大事!

朝は北風、夜は南風・・・など、地域と暮らしに合わせた窓の開閉で涼風を取り込みましょう。ただ、夏場は外気も湿気たっぷり。ムシムシした日は、換気よりも除湿に切り替えて・・・。

エアコンの除湿作用で無理せず快適に!

設定温度を極端に下げると冷えた空気が湿気を帯びるので、家族の適温を探してみて下さいね。この場合にもドアフルオープンにより、家全体が程好く涼しく冷え過ぎることもありません。

すっきり解決したい部屋干し問題

脱衣や家事室と兼ねた物干<ユーティリティルーム>があると、換気も除湿も家事までもがぎゅっとひとまとめに出来て、とってもらくちん♪除湿器やサーキュレーターを置くのもコンパクトなら経済的。乾燥機の利用も時間が有効に使えておススメです。家も人も健やかに過ごせますように☆

小宮山建築事務所ロゴ

教えてくれたのは株式会社 小宮山建築事務所さん

『よかった!』の一言のために。女性設計士のいる工務店です。

 

『編集後記』

年間を通して湿気のある新潟では湿気対策はとっても重要!
住宅会社の皆さんは間取りの工夫や素材、設備など様々な角度で対策をとられているんですね(^^)
湿気・部屋干し対策についてもっと詳しく聞きたいという方は、「会社情報を見る」ボタンから各社さんの詳細ページをご覧いただけますので、ぜひ見てみてくださいねー☺️

(2020年6月26日公開)

 


県内ビルダーのイベント・見学会に参加する

「専門家に聞きました」バックナンバーはこちら

県内子育て家庭に聞いた「家づくりアンケート」結果

建てましたママ、パパに聞いた「家づくりレポート」