新潟の住宅会社さんおすすめ!『子ども部屋のひと工夫』

「専門家に聞きました」では、
家づくりのプロの皆さんに、マイホームを建てる際のポイントをお聞きしていきます!

今回のテーマは「新潟の住宅会社さんおすすめ!子ども部屋のひと工夫!!」

選りすぐりの施工事例をご紹介いただきました!

 

《case01.》
暖炉と暮らす家

           

ひとつひとつの素材にこだわったお宅。

暖炉と吹抜けが調和し、雑貨が映える内装に仕上げました。

子ども部屋にはデスクを造作し、壁面にはブラックボードを。

 
 
《case02.》
大きな吹抜けと家事ラク動線のある家

            

「敷地内同居」…ご実家の同一敷地内に別棟で建築。

近い距離でありながら、それぞれのプライバシーに配慮して計画された住宅です。

南光が差し込み、家族のコミュニケーションが自然と生まれるような大きな吹抜けと、回遊できる家事ラク動線が奥様のこだわりポイント。

こども部屋にはロフトベッドを採用することで、ロフト下も収納スペースとして利用可能。

その他にも、タイルやクロスの配色、奥様専用のコレクションルームなど、ご家族の理想を叶えたお宅です。

ナチュラルモダンなインテリア空間に仕上がりました。

教えてくれたのは
ディテールホーム/坂井建設さん
その家は、あなただけの 個性をデザインする
 
《case03.》
秘密基地のような空間

        

部屋の真ん中にロフトを設けて、自由に行き来できる子ども部屋です。下にベッドを置いて2段ベッドのような使い方をしたり、秘密基地のような空間を楽しんだり、共有の収納として使ったり。それぞれのスペースを持ちながら繋がる仲良し兄弟の子ども部屋です。

教えてくれたのは
株式会社アンドクリエイト
”お客様の望むものプラスアルファまでを提案・具現化すること。お客様の夢_&クリエイト 社名自体が私たちのコンセプトです。
 
《case04.》
仲良くひとりひとりに合わせて!

成長に合わせて、デスクを増設しました!

教えてくれたのは
株式会社新和建設さん
心に響く住まいづくり

 

《case05.》
成長を見守る子供部屋

           

 

間仕切りのできる子供部屋は
小さい頃はノビノビと過ごせるように、成長に合わせて壁で部屋を分けられるようになっています。

リビング階段側の子供部屋には
室内窓を設置。
お子様が小さい頃は声が聞こえるように、
成長したらまだ起きてるかな?が確認できる
親も安心の窓。

ノビノビ、安心して過ごせる子供部屋は
お子様にも親にも大切なスペース。

 
《case06.》
ファッションを楽しむオープンクローゼット

           

娘様のフェイバリットカラーで仕上げた
子供部屋。

きっとファッションを楽しむであろう将来を考え
オープンクローゼットに。

いつでも大好きなものを見つけ出せ
オープンにすることで整理整頓にも気を付けられればとのママさんの思いも込められています♪

教えてくれたのは
株式会社アークエイトさん
住む人のライフスタイルと個性に合わせた家づくり

 

『編集後記』

 

どの子ども部屋も、お子さんの喜ぶ姿が目に浮かぶような素敵なお部屋ですね!子ども部屋を作る時の参考にされてみてくださいね!

(2021年8月19日公開)