【後編】BANhomeモデルハウスに行ってきました!

今回取材した住宅会社さんは
『どんな家にも物語がある。』
BANhome | 株式会社藤真工業さん

  • 施工可能エリア
  • 上越
  • 中越
  • 県央
  • 下越

今回のトキっ子調査隊はトキっ子スタッフが柏崎市にあるバンホームさんのモデルハウスにお邪魔して、見どころや性能についてお聞きしてきました!
前編では「間取りのポイント」を紹介しましたが、後編となる今回は「モデルハウスの性能」をご紹介します!


自然エネルギーを取り入れた設計

バンホームさんは自然エネルギーを活かした設計手法を取り入れており、例えばその一つが2階のバルコニーです。 夏場は太陽が高く昇るため、バルコニーが庇の役割を担い日射を遮ってくれます。 冬場は太陽が低い位置にいるので、大きな窓から温かい日光をたっぷりと取り入れられるつくりになっているそうです。
取材日は初冬。確かにリビングの大きな窓からたくさんの光が部屋に入ってきていました。

環境に優しく、長期劣化しにくい断熱材

こちらのモデルハウスでは、断熱材に新聞紙をリサイクルした「セルロースファイバー」を使用しているそうです。
これは環境に優しいだけではなく、吸放湿性(高湿度では水分を吸収し、乾燥したところでは水分を放出する機能)が高いので、構造材が腐りにくく断熱材の劣化も少ない、さらに無結露保証20年のとても優秀な素材なんです!

また、この断熱材は吸音性もあり、防音効果もあるんだとか!エコで高性能なんてステキですね!
バンホームさんでは構造材や断熱材が長期劣化しにくいことを重視しており、それはメンテナンスコストはもちろん、家の内部が痛むと、耐震性にも影響するからなんだそう。長く快適に安全に住めるって大事ですよね!

またこのモデルハウスではトリプルガラスを採用、断熱性を高めています。

機械に頼りすぎず、自然の力で無理なく換気

モデルハウスの壁紙にはコットンクロスを使用しています。
通常よく使われるビニールクロスは湿気、化学物質を通さないため、結露やカビ対策、化学物質を部屋に閉じ込めてしまわないよう、換気が必要になります。
コットンクロスは通気性に優れ、化学物質や湿気を自然に排出してくれます。

バンホームさんの住宅では第三種換気を採用しています。機械に頼りすぎず、自然の力を利用することで、フィルターの掃除や交換といったメンテナンスの手間と月々の電気代などのコストが抑えられることが特徴です。

厳しい検査と品質管理で安心の施工

どんなにいい設計図があって、いい材料を使っていても、それだけではいい家は建ちません。バンホームさんでは施工段階においても、いい家づくりのために様々な工夫をしていました!

標準施工マニュアル

現場監督の熟練度によって、住宅の品質に差が出てしまうなんてことがないように、バンホームさんでは標準施工マニュアルをつくり、スタッフの経験値やスキルに依存しない、安定した施工を実現しています。

徹底した社内検査と第三者検査

建築基準法では、家を建てる際、骨組みができた段階での「中間検査」と施工完了時の「完了検査」2回の検査が義務付けられています。
バンホームさんでは高い品質保持のため、社内検査13回、第三者検査機関による検査を7回実施、第三者検査の結果はwebで公開しているそうです。厳しい検査を行っているので、安心して工事をお任せできますね!

トキママ

「機械に頼りすぎず、なるべく自然エネルギーを利用する」というバンホームさんの考え方、これからの持続可能な社会にとっても大切なことですよね!お洒落なだけではない、環境に優しいエコな家づくり、気になった方は、実際にモデルハウスに行ってみてください(^^)
モデルハウスは柏崎だけではなく、長岡にもあるそうなので、バンホームさんホームページでご確認ください。

担当者より一言

BANhome | 株式会社藤真工業
佐藤 真弘

BANhomeはお客様の家づくりのストーリーを基にオーダーメイドのオリジナルプランを提供しています。
表面的なデザインだけではなく、”中身”を重視し、1棟1棟丁寧な家づくりをおこないます。
ぜひBANhomeの家づくりを体感できるモデルハウスにお越しくださいませ。


会社概要

会社名 BANhome | 株式会社藤真工業
所在地 〒945-1353 柏崎市平井3378
問合せ先電話番号 0257-35-5557
定休日 日曜日、月曜日
施工可能エリア
  • 上越
  • 中越
  • 下越
  • 県央

 


県内ビルダーのイベント・見学会に参加する

「専門家に聞きました」バックナンバーはこちら

「家づくりレポート」バックナンバーはこちら

「トキっ子調査隊」バックナンバーはこちら