【前編】東亞家づくり工房見学会に行ってきました!

今回取材した住宅会社さんは
『諦めていた住まいや「私らしい暮らし」を形に・・・。』
株式会社 東亞 家づくり工房さん

  • 施工可能エリア
  • 中越

今回のトキっ子調査隊はトキっ子スタッフが長岡市にある株式会社東亞 家づくり工房さんの完成見学会にお邪魔して、見どころや性能についてお聞きしてきました!
前編では「間取りのポイント」を、後編では「性能」をご紹介します!

東亞家づくり工房さんは長岡市でマッチの製造から始まり、100年を超える長い伝統のなかで培われてきた木材に対するノウハウを生かした、人と環境に優しい住まいづくりを行っている住宅会社です。

今回訪問した住宅の見所は、「現在の子育てと家事楽」「将来親世帯との同居」を考えた間取りと収納アイデアです!施主さんの将来を見据えた家づくりは必見です!


使い勝手抜群の玄関

玄関には広いシュークロークがあり、家族の靴やコートをたっぷりと収納することができます。
可動式の棚なので、コートや雨具、ブーツや靴に合わせて高さを変えることができ、棚が軽いので女性でも楽々扱えるのは嬉しいポイント!
シュークロークから玄関の手洗い場につながっており、家族用、来客用と入り口を分けることができるのも、便利ですね。

シュークロークのすぐ隣に手洗い場を発見!これなら子どもが帰宅したら、すぐコートを脱がせ、手を洗わせることができるので、菌や汚れを家の中に持ち込ませません。お湯も出るので、さむーい冬場は嬉しいですね!造り付けのタオル掛もステキです!

憧れの大きな梁のある開放的なリビング

木に対して愛着があり、木の温かみ、ぬくもりのある家にしたかったというご主人。1階の床には無垢材を使用し、リビングには憧れの勾配天井と大きな梁を見せる作りに。勾配天井とは屋根の形状を生かした傾斜のある天井のこと。天井が高く開放感のある空間は、ご主人大満足の出来になりました!

リビングの収納や造作家具にもご主人のこだわりがたくさんつまっています。例えばテレビ枠の収納は、将来親世帯と同居することになったら、仏壇をしまえるように、内側にコンセントをつけたそうです!先を見据えた設計に感心しきりです!

奥様のこだわりがつまったキッチン

キッチンは家の中心にあり、玄関、リビング、客間、ランドリースペース、お風呂がぐるっと周りを囲んでいる間取りになっています。リビングからは家の中を見渡すことができるので、子供がどこにいるのかすぐにわかって安心です!

キッチンの壁紙や収納などは奥様のこだわりで、シンプルで可愛らしい印象の配色にまとまっています。キッチン脇の食品庫は1畳と広く、棚が可動式なので、暮らしに合わせて整理しやすい造りになっています。

家事楽を叶える間取り

キッチンから見て右にある収納スペースが食品庫。左側はランドリースペースとお風呂、奥が客間になっています。

奥の客間は将来的には両親世帯が住むことを考えて、玄関とキッチンの両方につながる回遊できる間取りにしたそうです!

洗面所の隣には3畳の広いランドリースペースがあり、洗濯したものをすぐに干すことができます。また収納もあるので、タオルや下着などをしまっておけば、お風呂に入る際にすぐに取り出せて、とても楽ちんですね♫

リビングを360度ご紹介します!

収納がたっぷり!

すっきり暮らせる大収納がテーマの一つのこちらのおうちは、とにかく収納スペースが充実!寝室には3畳の広いウォークインクローゼットがあり、子供部屋にもそれぞれクローゼットがついています。さらに客間にも親世帯との同居を見据えて、広いウォークインクローゼットをつけたそうです!また造り付けの収納もたくさんあるので、収納家具を買わなくても十分収納スペースを用意してあります。

トキママ

造り付けのお洒落な棚や、扉のついた隠せる収納がたっぷりでした!現在の暮らしの導線だけではなく、将来のライフスタイルも意識した間取りは、私も参考にしたいです!次回は東亞さんの家づくりのこだわり、性能をご紹介します!気になった方は東亞家づくり工房さんのホームページ、またはお電話でお問い合わせください!


会社概要

会社名 株式会社 東亞 家づくり工房
所在地 〒940‐0033 長岡市今朝白2‐8‐3
問合せ先電話番号 0120‐84‐8562
定休日 定休日:日曜、月曜、祝日
施工可能エリア
  • 中越